二階ホール

階段を上がった先の二階ホールは、今までただの通路としてしか考えられていませんでした。しかし、最近ではこの二階ホールを有効的に活用させた家造りをしている家庭が増えています。我が家はこの二階ホールを中心に二階の間取りを決めたほどです。

我が家の二階ホールは、6帖の広さがありこのホールから各部屋へ行き来できるようになっています。そのため二階には廊下がなく、各空間を広々とより有効的に利用しやすくなっています。昼間はキッズスペースとして子どもが利用するスペースとして利用し、夜は主人が書斎スペースとして利用したり、寝る前の時間を家族みんなで過ごしています。多目的に利用できるように横幅のあるカウンターを造り付けました。

子ども達がスタディーコーナーとして利用させることもできますし、遊ぶ時にはここにおもちゃを並べたり、お絵かきすることもできます。書斎スペースとしてパソコンを利用するにも広々とした作業スペースがあると便利なのです。そして壁には天井いっぱいに広がる壁面収納を設けました。ここには子ども達の絵本やおもちゃ、主人の趣味の漫画本、アルバムなどを整理することができています。この壁面収納を設けたことで、おもちゃや絵本を出したらしまうという習慣が身に付いてきました。おもちゃをどこにしまい、どこにあるかが一目で把握でき、出し入れがしやすいことでこの習慣が身に付いたのだと思います。

主人が漫画をここで読んだり、家族みんなでアルバムを開いて思い出話に盛り上がることもあります。子どもが思い切り遊べるスペースを得ることができましたし、一階とは違った家族の時間を過ごせることができ、二階で過ごす時間がより充実したものになっています。

Posted in 住宅 | Tagged | Comments closed

充実したパントリー

キッチンにパントリーの存在が今では欠かせないものの一つとして考えられるようになってきています。わずかなスペースでも食品を収納しておけるパントリーがあるとキッチンがスッキリと片付けられ便利です。

広さに余裕があればウォークイン型のパントリーを設けるとより便利で使い勝手のいいパントリーとなります。例えば、食品や調理器具、お米の備蓄庫など小物から大きさのあるものまで一か所で管理できます。

収納スペースとしてだけでなくカウンターを造り付けてママのワークスペースとしても利用できるようにすることもできます。リビングからは見えない位置に設けられたママのワークスペースは、子ども達が学校から持って帰ったプリントを掲示していても、生活感を感じさせませんし、キッチンで家事の合間のほんの少しの時間でも有効的に利用しやすくなります。個室にいるかのような気分が味わえ、今まで以上に自分の時間を大切にできるようになるのです。

また、勝手口を設けて外からも行き来できるようにするのもいいと思います。勝手口とカーポートの動線に配慮しておけば、買い物からの帰宅時は荷物をサッとこのパントリー内に搬入することができ、重たい荷物を抱える手間が省けます。キッチンから出るゴミは分別が必要なためゴミ箱の数も増えがちです。室内にゴミが溜まるのは衛生的にも良くないので、勝手口の外にゴミ箱を並べておけば、衛生さは保てますし、ゴミもサッと捨てられ便利です。便利で使い勝手のいいパントリーを目指しましょう。

Posted in 住宅 | Tagged , | Comments closed

ニッチ

壁の厚みを利用し、壁を凹ませ飾り棚を設けたり、収納スペースを確保することをニッチと言います。このニッチが最近では住宅に積極的に取り入れられています。柱や筋交によって設ける位置やサイズが限られることもあります。また、外壁面は断熱材が入るため設けることができません。

しかし内壁面の有効に利用できる壁の厚みを無駄にせず、飾り棚を設けてインテリア性を高めたり、限られた空間の収納を充実させるために収納スペースを確保をしてみるのはいいと思います。ニッチが取り入れられている大きな理由は、スペースに影響しないことです。空間的に余裕がある場所はもちろん、空間的に余裕がない場所でも設けることができることです。

例えば、広さに限りのあるトイレには、トイレットペーパーやサニタリー用品、お掃除用具などトイレ内に収納しておきたいものは意外と多いです。限りのあるスペースにこれらを収納する収納家具を設置すると、空間により狭さや圧迫感を与えてしまいます。このような場合に壁厚を利用したニッチ収納を設ければ、狭さや圧迫感を与えることなく、スペースに影響を与えず必要なものをしっかり収納しておくことができるのです。

殺風景になりがちな廊下や階段などには壁厚を利用した飾り棚を設けて、行き来の妨げにならずに、華やかさを加えられるようにニッチを利用させるのもいいでしょう。当たり前に設けられている壁ですが、この厚みを上手に活用して住まいの雰囲気や収納力を変えてみてはいかがでしょうか。

Posted in 住宅 | Tagged | Comments closed

夫婦で意見が分かれたこと

我が家は注文住宅で家を建てました。注文住宅で家を建てると、決めなくてはいけないことも多く、夫婦で意見が分かれることも多かったです。中でも最後まで決まらなかったことが、二階にトイレを設けるかどうかということです。

実家の二階にも、結婚をして今まで暮らしていた賃貸住宅の二階にもトイレが設けられておらず、二階にトイレのない暮らしに慣れていたこともあり、私は必要性を感じていませんでした。加えて、子どもが小さいため二階で過ごす時間が少なく、二階にトイレを設けても使用する機会がほとんどないと考えました。

しかし、主人は宿泊者がいる場合や自分達が高齢になった時には二階にもトイレがあった方が便利だから設けたいと言い張るのです。二階にもトイレがあることで便利さが増すことは納得できるのですが、必要性が低いためトイレを設置する費用とお手入れ手間が二倍になるのも気になっていました。宿泊者は年に一度や二度のことですし、私たちが高齢になるには数十年先です。

話は並行線のままでしたが、業者からの提案で、二階にもトイレのスペースを確保し、排水管工事までしておき、必要性の低い間は二階の収納スペースとして利用させ、トイレの必要性が高まった時にトイレを設置するのはどうかというアドバイスをもらいました。この的確なアドバイスがあり、今は収納スペースとして利用しています。必要性を感じたらすぐに設置できるので安心ですし、無駄なコストとお掃除の手間もかかりません。「今」にピッタリの家造りが大切ですね。

Posted in 住宅 | Tagged | Comments closed

収納スペースのある和の空間

先日新築住宅を建てた友人宅へ遊びに行きました。全てが新しくて明るく開放的な空間が広がり大変居心地の良さを感じました。その中でも私が気になったのが一段高い和の空間のスペースです。住宅が洋風化するにつれ畳のある和の空間は減ってきました。私も北欧スタイルの住宅など輸入住宅に大変興味があり、昔からの日本の住宅の良さを忘れがちになっていましたが、その友人宅の和の空間を見て、そして少しの時間ですがそこで過ごして改めて畳のある和の空間の良さを再認識しました。

畳の与える色味や香り、畳にあう照明や照明の明るさなど総合的に見てリラックス度や居心地の良さの高さを感じました。フローリングでは横になりたいと思ってもなかなかなりにくく、昼寝もしにくいものです。しかしリビング横にこの和の空間があることで眠くなったらすぐ横になれるというのも快適性を高めてくれます。一段高いというところにもポイントがあるのです。一段高いことですぐに腰をかけれてまた立ちあがりやすいのです。足腰の弱った高齢者にも嬉しい空間となると思います。

そしてその高さの部分は収納スペースとして活用できるようになっていたので大変驚きました。引き出しタイプの収納とハッチボックスタイプの収納を設けており、出し入れしやすく大容量だけにリビングスペースをすっきりさせるができます。みんなが寛ぐリビングの床に物が溢れているのは快適性を損ないます。この収納スペースを有意義に活用することでその悩みも払拭できそうです。落ち着くこともでき、収納力のある和の空間は大変魅力的でした。

Posted in 住宅 | Tagged | Comments closed

屋上テラス

友人に新築住宅を建てる人が多くなってきました。我が家もそろそろ家を購入したいなと思っています。そのマイホームには家の内部にこだわるのはもちろん、庭にも力を入れて外の空間も楽しめるようにしたいと思っています。しかし土地の広さや価格のことを考えると広いお家に広い庭というのはまさに夢のような話であり、現実はそうもいきません。

予算上、外は駐車スペースしか確保できなかったというケースももちろんあり得るのです。広い土地は空いておらず狭い土地しかないので仕方なく庭を設けることができないというケースもあるでしょう。そのような場合でも庭を楽しみたいという希望を叶えるには屋上テラスを設ける方法があります。屋上に庭を造り出し趣味であるガーデニングや家庭菜園をすることもできます。子どもやペットの遊び場としてももちろん有効活用できます。

私達夫婦は家族や友人達と集まりバーベキューや食事をすることが好きなので、レンガでコンロスペースを設けパラソルやおしゃれなテーブルとイスを置き、みんなでワイワイできるような素敵な庭を造れればなと思っています。太陽の日差しを浴び、心地よい風を肌で感じながら家族や仲間との閑談や食事を楽しめるということはまさに至福の時です。それを実現されるためには、もし狭い土地で外に庭を造れそうにないうような場合でも屋上テラスを設けて外の空間を思う存分満喫できるようにしたいと思っています。通常の庭よりも数倍もリフレッシュでき、近隣の住民の視線を気にせず楽しい空間になること間違いなさそうです。

Posted in 住宅 | Tagged | Comments closed

室内干し

新築住宅を購入した友人達から、これから家を建てる私にアドバイスをくれます。そのアドバイスの中で一番多いのが、室内干しをきちんと完備しておくことです。屋外に洗濯物を干せない日というのは意外と多いです。雨や雪の日など洗濯物は室内に干します。また夜洗濯をしたり、外出して帰宅が遅くなる時は室内干しがあると便利です。最近では大気汚染物質の飛来など屋外に洗濯物を干すのに抵抗を感じる日も多いだけに、室内干しが重宝するのは理解できます。

そこで我が家は、和室と庭の間にサンルームスペースを設けたのです。サンルームの横にはウッドデッキが広がり、ここを屋外用の洗濯物干し場を設けています。急に雨が降り出しても、ウッドデッキの横に室内干しを完備しているので、サッと室内へ干すことができます。和室の先にこのスペースを設けたのは、和室で洗濯物をたたんだり、アイロンがけをすることが多いからです。また和室には家族の衣類を一か所で管理するクローゼットを設けています。ここでたたんだり、アイロンがけした衣類をその場でしまうこともできるので家事の動線にも沿っているのです。

和室を客間として利用したり、宿泊ルームとして利用することもあるので、室内干しと和室の間には建具を設けてしっかり目隠しできるようにしたのです。天気のいい日にはサンルームまでオープンにしておくことで広さや開放感を感じられますし、いざという時は室内干しとして活用できるのです。屋外用も室内用も家事動線にしっかり配慮して設ける場所を決めましょう。

Posted in 住宅 | Tagged | Comments closed

マイホームを建てる前に

消費税増税が確定し住宅購入者がこれからも増えてくると思います。我が家も以前からマイホームを購入しようと思い、土地を探したり住宅展示場に足を運んだりしてきました。しかし出産を挟みその話は遠のきマイホーム購入には至っていません。マイホームを建てる前に多くの人が各社の住宅展示場を巡り、理想の家を実現してくれるホームメーカーや工務店を探すことと思います。

ただ漠然と家を見るのではなく、気になる点や住宅の構造、住宅ローンのことなど自分たちなりに住宅についての知識を高めることも大切なのだと私は幾度の住宅展示場巡りを行い学びました。各ホームメーカーが自社の良さを説明してくれるのですが、住宅に無知の私たちは行く先々の会社でやっぱりこの社が一番だな~と思ってしまい結局どこが一番自分たちに合っているのかがよくわからなくなりました。

そして一社のホームメーカーの人から、住宅の耐震性や断熱性など細やかに説明してもらいました。その人は決して自社の良さだけをアピールするのではなく住宅とはという観点から無知の私たち目線で話しをしてくれわずかながらですが住宅の知識を得ることができました。そして彼に、自社の良さを数字や順位で推してくる社はあまり信用しない方がいいよと教えられました。それば本当か嘘かはまだ我々には分かりませんが、冷静に住宅展示場を巡り、話を聞けるようになりました。

一生に一度の大きな買い物だけに失敗はしたくありません。知識を身に着け、理想の家を明確に固め、自分たちに合ったホームメーカーに依頼し満足できる家造りをしたいと思います。

Posted in 住宅 | Tagged | Comments closed

寝室

寝室はただ寝る時だけしか使わないという家庭も多いのではないでしょうか。私も以前までは寝る時しか寝室で過ごしていませんでした。しかし新居では寝室をより充実した空間にしようと思い、夫婦の時間を大切に過ごせる空間という風に考えを改めてみました。寝室の一角にバーカウンターを設けたのです。夫婦二人で晩酌することも多いのですが、子どもが生まれるとその時間も少なくなってきました。まだ子どもが小さいので一緒に寝ることを考え、寝室で子ども達を寝かせつけた後に、旦那さんと二人でバーカウンターでゆっくりと大好きなお酒を飲むスペースを設けたのです。

小上がりにしたバーカウンターは寝室との境は腰壁を設けました。カウンターの前には窓を設け、外の景観を楽しみながら、時には夜空を眺めながら晩酌ができるのです。寝ている子ども達にもしっかりと目が行き届くのでそれも安心です。このスペースを設けたことで寝室で過ごす時間はもちろん増えましたし、夫婦で過ごす時間が増えました。子育てに追われる生活の中でホッと安らげて、夫婦のコミュニケーションを大事にできるようになったので、このスペースを設けて良かったと思っています。

旦那さんは時には、持ち帰って仕事をすることもあります。このバーカウンターを書斎スペースとしても活用させています。子ども達が寝静まった後、ここで持ち帰りの仕事を行うこともあります。書斎スペースとして個人の時間に集中することもでき、夫婦で大好きなお酒を楽しむスペースがある寝室に非常に満足しています。寝室をただ寝るだけの空間にするのはもったいないと思います。

Posted in 住宅 | Tagged | Comments closed

平屋住宅

建ち並ぶ住宅を見ても平屋住宅は数を少なくしてきました。しかし近年、この平屋住宅を希望する人が増えているというのです。私の両親も還暦を迎え、二階には使わなくなった子ども部屋がそのままの状態になっていたり、夜中トイレに行く際など暮らしの動線に階段を挟むというのは、身体に負担を感じるようになり平屋住宅で暮らしたいとよく口にするようになりました。

平屋住宅は最大の魅力は階段がないということです。階段がないことで住宅の安全性は高まります。階段での転倒や落下事故は多いです。それだけに階段がないことは安全性の高い家と言えるのです。また部屋から部屋への移動の際に階段を挟まないというのは、身体に負担をかけず、スムーズに行き来が行えるというメリットもあります。室内の動線をコンパクトに、行き来のしやすさが高いというのは平屋住宅の魅力でもあるのです。

そして階段があると階段の下にはデッドスペースが生まれます。階段のない平屋住宅はデッドスペースのない家とも言えるのです。空間を最大限に有効活用できるのです。階段がないというだけで魅力にあふれた住宅という印象が大きいことを改めて感じます。家族が別々の空間で過ごしていても、平屋住宅であればどこか互いの気配を身近に感じ安心感が得られるのです。家族の繋がりを感じながらも、それぞれの時間を過ごせる住宅というのはまさに理想的なことでもあるのです。

そして二階建て住宅だと、一階と二階で空気の循環がされづらいことがあります。平屋住宅の場合は、窓を開けると風が家全体に行き渡り風通しの良さを実感できるのです。平屋住宅には魅力がたくさんあるのです。

Posted in 住宅 | Tagged | Comments closed