Monthly Archives: 4月 2010

空き巣対策

大分で住宅の防犯を考えるナツです。
空き巣が侵入するまでに時間をかけさせましょう。
一般的に空き巣や泥棒が住宅に侵入するのに侵入をあきらめる時間は5分と言われています。
侵入に時間がかかり過ぎればご近所の人の目に触れる確率が高くなりますし、通報される可能性も考えられるからです。
玄関のドアなどの鍵をピッキングで開錠して侵入する手口などにはワンキーツーロックなど一つのドアに二つの鍵をつけるなどの対応策があります。
ピッキングとは特殊な形をした工具をカギ穴に差し込んで開錠する方法です。
また最近ではピッキングで開けるには困難な仕様になっているディンプルキーというカギもあります。
ディンプルキーとは一般の波型の形状に削られた従来の鍵ではなく、鍵にいくつかの円形のくぼみを掘っているものです。
こうした特殊な鍵の形状がピッキングによる開錠を困難にしているわけです。
最近の賃貸物件では取り入れている物件も増えてきていますし、
今のお住まいがご自身の持ち家の方にはディンプルキーやワンキーツーロックなどの仕様のドアに交換またはリフォームなどをお勧めします。
また空き巣や泥棒が住宅に侵入する方法としてオーソドックスなのはガラス破りや、窓破りです。
窓や扉のガラスを割ってそこから手を差し込んだり針金などで錠前を開ける手口が多いとのことです。
一見、窓や扉のガラスを破るのは大きな音がして家人や近隣の人に気付かれるのではと思いがちですが、慣れた空き巣や泥棒は音を立てずにガラスを割れるとのことです。
こうした点については侵入されやすいだろうと思われる窓などのガラスを合せガラスなどの強度を高めたガラスに交換することも一つの手だと思います。

Posted in 防犯 | Tagged | Comments closed