Monthly Archives: 8月 2013

泥棒が嫌がる「防犯に強い」

泥棒が嫌がる「防犯に強い」家とは、一体どのようなものだろうか。住宅全体、庭なども含めた敷地を見渡すと、普段なら考えもしないところに落とし穴があるようだ。
玄関とは別に勝手口を設けている家もあるが、勝手口や庭全体はなるべく明るく、見やすくしたほうがいい。家の周囲や車庫にセンサーライトを設置したりすると、夜間の安全度も増すし、いたずら防止にもなる。泥棒は人目につくことを嫌うからだ。
住宅を柵で囲っていても、その周辺に雑草が生えているようではだめだ。泥棒に格好の隠れ場を提供することになるし、柵から草がはみ出ているようでは、周囲の景観も悪くなるので、まめに除草することが必要だ。
また庭に物置やプレハブを置く予定がある場合は、家の壁から離して設置するのも大事だ。それら物置が足がかりになって、二階から侵入される危険がある。
窓を二重ロックや防犯ガラスに交換対策するのは言うまでもないが、予算が許せば窓ガラスへの衝撃を感知して作動するセンサーなどがあるといい。窓ガラス自体を面格子などでガードするのも有効だが、簡単に金具をはずされるようなものは、やっていないのと同じだ。
すべてのドアに鍵をふたつ、さらにサムターン対策などをしておくと、侵入までの足止め時間が長くなる。侵入に5分以上かかれば、泥棒自身が危うくなる。
郵便物の放置も厳禁だ。ポストの郵便物もきっちり回収し、できればポストに鍵がかかると望ましい。泥棒はポストに届いた郵便物から家の情報を探る。新聞などがたまっていれば、その家には誰もいないことを示すし、郵便物の宛名で家族構成までわかってしまう。
防犯や防災の対策は「過剰」といわれるくらいがちょうどいい。対策をするだけしておいて、何もなければそれに越したことはないのだから。

Posted in 防犯 | Tagged , | Comments closed