Monthly Archives: 7月 2014

防犯対策の為のアイデア

新築を建てた方に最も防犯対策として選ばれているのが「防犯ガラス」です。最近の防犯ガラスは非常に高性能で、バールのようなものでたたいても砕け散ることがありません。(※とはいえ、ガラス自体にはヒビが入ります。)通常、たたき壊すまでに15分以上かかってしまうということもあり、防犯ガラスのある住宅である場合、泥棒も侵入を諦めるケースが多いのだそうです。
同じように窓からの侵入を防ぐ目的でシャッターや面格子を取り入れるのは一般的です。シャッターは通りに面した住宅の一階部分に取り付けることで、プライバシーの保護や防犯にも役立ちます。面格子は水回りに取り付けることが多いですが、面格子をつけただけで外からの侵入が出来ない、と考えないように心掛けましょう。湿気がこもるという理由でお風呂場の窓を開け、面格子だけにしているお宅の空き巣被害報告が非常に多く、実際に泥棒はドライバーなどを持ち歩いて面格子ごと外して侵入するといいます。
次いで、人気があるのが防犯カメラ。カーポートなどにいたずら防止の為に設置する方も多いのですが、気をつけなければいけないのが防犯カメラは単に録画するだけのものでは意味が無いという事です。当たり前のことながら、防犯カメラは場合によっては犯罪を記録するためだけのもになってしまうからです。防犯カメラを設置することで、「この家は防犯意識が高い」という印象を持たせることはできますが、実際問題契約している警備会社などが無い限り取り付けたから安全という事はありません。
防犯対策をする際には、出来るだけ住まい全体の中でどのように機能するのかを考えてみましょう。住宅の中に死角を作らない事も大切な一つ。
住工夫次第で防犯意識の強い、安心な住まいづくりが出来ますよ。

Posted in 防犯 | Tagged | Comments closed