Monthly Archives: 8月 2014

自然環境と湿度対策

住まいを新築する時、耐久性を考えて、構造や構造材について、色々調べ、検討していきます。しかし、普通は、なかなか、専門的な知識がないので、情報を得れば得るほど、迷ってしまいます。住まい言うことになると、「まあ、1回試そうか」ということはできず、迷いに迷って、それでも、1つに決めなければなりません。内装ならば、数年後に変えていくことも可能ですが、構造に関わることであったら、住まい自体を建て替えないと解決しません。
私の友人が住まいを新築する時、床下の換気のことを考えて、基礎パッキンを施工することにしました。基礎パッキンを採用する時、換気口を設けたよりも、床下がまんべんなく換気でき、湿気が淀まないと言われました。換気口周りにひび割れが生じやすいため、基礎自体の強度や耐久性が増すとも言われました。それに、耐震性についても増すとも言われました。しかし、台風やゲリラ豪雨の時、基礎パッキンより雨水が侵入して、いったん床下に侵入してくると、一挙に湿度が高くなってしまいます。それに、換気口より大きく開いてない分、案外、風通しが悪いため、いつまでも、その雨水が乾きませんから、湿度の高い状況が比較的長く続きます。
最近は、地球温暖化のため、台風も日本列島に多く近づき、激しい暴風雨にも襲われます。ゲリラ豪雨にも見舞われます。そのため、床下は、基礎パッキンからの雨水侵入で、かなり湿度の高い状態に曝されてしまいます。湿度が高い状態だと、どうしても、木材腐朽菌やシロアリの影響があります。これらは、住まいの構造に深刻な影響を与え、耐久性を著しく低下させてしまいます。もちろん、基礎パッキンを全て否定するものではありませんが、我が町のように、横殴りの激しい雨が比較的頻繁に降る地域においては、基礎パッキンの採用には慎重にしなければいけないと思いました。

Posted in 未分類 | Tagged | Comments closed