Monthly Archives: 9月 2014

IHのある暮らし、どうですか?

オール電化の住宅にしようか、しないか悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。実はIHを設置するのは、当初高齢の方のお住まいが多かったと言われています。その理由としてやはりガスの立ち消えや消し忘れなどの防止、一人住まいの世帯での安全面を考えてご家族がリフォームなどで採用するというものが目立ちました。
震災後、電気について考える方が増え、自家発電などの売電システムを取り付けるほか、IHをはじめとしたオール電化住宅に切り替えたり新築したりする方が増えてきたことで、ここ数年ではかなり市民権を得てきたように思います。
IHの良い点は、一戸建てであればガスの配管が不要で電気だけ通せばよいので地方の山間部や郊外の住宅地などで都市ガスが整備されていない地域などでも安全に活用が出来るという点、電気に一本化する事で、管理が安易になった事があげられます。
よくIHにすると揚げ物ができない?と言われる方が多いのですが、これはもはや都市伝説です。今売っているIHクッキングヒーターのほとんどに揚げ物機能があり、細かい温度調節が可能です。※ただし、中華鍋など底の丸い鍋や土鍋などIH対応ではない調理器具を使用する事ができませんので、あらかじめ注意が必要です。
他にも高温での急騰が可能であるうえ、トップがフラットなので掃除が楽なのはやはり便利です。油汚れがほとんど付かないのはIHクッキングヒーターならではですよね。
逆にデメリットがあるとするならば電気を使うという点です。実はIHの導入に踏み切れないという方の多くが「電気代」を挙げています。電力供給が安定しない時期が続いていましたし相次ぐ電力の値上げでやはり躊躇される方もいらっしゃいます。ガス+電気代の総額と、オール電化にした場合の電気のみでまかなえる金額を試算して比較するなどして検討してみましょう。

Posted in 住宅 | Tagged | Comments closed

設計事務所のメリット、デメリット

設計事務所の一番のデメリットは、ずばりコストが高いことです。
まず、設計事務所は一棟一棟ゼロから細部までを設計し、工務店に渡す詳細な図面も必要ですから、数倍の量の図面を描くことになります。
また、監理を行う費用も必要で、工務店やハウスメーカーでは設計監理料は数十万円ですが、設計事務所の場合は数百万円の単位になります。
工事費も、特注品やデザインに合わせた材料などを使い、工務店も初めての材料や作り方が多く、精度も厳しく要求されるので手間と時間がかかり、その分高くなります。計画期間も長いため、仮住まい費用などもかさみます。
しかし、土地の欠点をカバーし、条件に柔軟に対応できるメリットを考えると、都市部の狭小住宅や、変形、高低差がある条件が悪い土地でもOKなので、総合的なコストの差はなくなります。設計事務所でないと建てられないという場合もあります。
コストと引き換えに設計の自由度は最大のメリットです。
自由度とは、単に家の外見だけではありません。家族のライフスタイルや施工の都合より、土地の環境に合わせ、生活や地域との調和を最優先にした設計ができるのです。
また建築家の設計思想も他と違います。ハウスメーカーや工務店は、住宅をそれだけで完成しているハードウェアと考えるのに対し、建築家は住宅を、はじめに家族の個性や住環境ありきの、生活というソフトウェアの一部だと考えます。つまり、建て主の理想的な生活を実現する住宅を建てることが目的であり、そのための設計力を持っているのが建築家なのです。
ただ、細部の技術は工務店が上回ることが多く、工務店の力をうまく引き出せるのが上手な建築家です。

Posted in 住宅 | Tagged | Comments closed