Monthly Archives: 9月 2015

和室

間取りを決める際に意外と頭を悩ます和室の位置。和室を一室も設けないという住宅も増えている中、私は和室の空間をいつまでも大切にしたいなと考えています。しかし和室をどのように活用させるかで、和室の配置は変わってきます。以前は玄関近くに完全独立型の和室を設ける間取りが多かったです。しかし最近ではリビング内やリビングと隣り合わせで和室を設ける間取りが人気となっています。和室をどのように使用するかで間取りが大きく変わってくるのです。
リビング内やリビングと隣り合わせの和室が人気を高めている理由は、リビングの延長として和室を活用できるからです。このような間取りにすると普段はリビングとの境に設けられた扉を開けっ放しにしておけば、リビングに開放感や広さをプラスすることもできます。子どもが遊ぶスペースとして、昼寝をするスペースとして、洗濯物をたたんだりアイロンがけをしたりと家事を行うスペースとしてなど多目的に使用できるのです。いざという時には扉で区切れば個室にもなるので、宿泊ルームとしたり、旦那さんが持ち帰りの仕事を集中して行えるスペースとして利用することもできるのです。
和室は日本人であるならばその魅力を子ども達や孫の代まで伝えていきたいものの一つでもあります。和の空間はホッと安らげ、体をノビノビと伸ばせいつの世代もくつろぐことのできる最高の場所です。和室の配置をしっかり考えライフスタイルにピッタリな和室を確立させたいものです。

Posted in 住宅 | Tagged | Comments closed