収納スペースのある和の空間

先日新築住宅を建てた友人宅へ遊びに行きました。全てが新しくて明るく開放的な空間が広がり大変居心地の良さを感じました。その中でも私が気になったのが一段高い和の空間のスペースです。住宅が洋風化するにつれ畳のある和の空間は減ってきました。私も北欧スタイルの住宅など輸入住宅に大変興味があり、昔からの日本の住宅の良さを忘れがちになっていましたが、その友人宅の和の空間を見て、そして少しの時間ですがそこで過ごして改めて畳のある和の空間の良さを再認識しました。

畳の与える色味や香り、畳にあう照明や照明の明るさなど総合的に見てリラックス度や居心地の良さの高さを感じました。フローリングでは横になりたいと思ってもなかなかなりにくく、昼寝もしにくいものです。しかしリビング横にこの和の空間があることで眠くなったらすぐ横になれるというのも快適性を高めてくれます。一段高いというところにもポイントがあるのです。一段高いことですぐに腰をかけれてまた立ちあがりやすいのです。足腰の弱った高齢者にも嬉しい空間となると思います。

そしてその高さの部分は収納スペースとして活用できるようになっていたので大変驚きました。引き出しタイプの収納とハッチボックスタイプの収納を設けており、出し入れしやすく大容量だけにリビングスペースをすっきりさせるができます。みんなが寛ぐリビングの床に物が溢れているのは快適性を損ないます。この収納スペースを有意義に活用することでその悩みも払拭できそうです。落ち着くこともでき、収納力のある和の空間は大変魅力的でした。

This entry was posted in 住宅 and tagged . Bookmark the permalink. Both comments and trackbacks are currently closed.