夫婦で意見が分かれたこと

我が家は注文住宅で家を建てました。注文住宅で家を建てると、決めなくてはいけないことも多く、夫婦で意見が分かれることも多かったです。中でも最後まで決まらなかったことが、二階にトイレを設けるかどうかということです。

実家の二階にも、結婚をして今まで暮らしていた賃貸住宅の二階にもトイレが設けられておらず、二階にトイレのない暮らしに慣れていたこともあり、私は必要性を感じていませんでした。加えて、子どもが小さいため二階で過ごす時間が少なく、二階にトイレを設けても使用する機会がほとんどないと考えました。

しかし、主人は宿泊者がいる場合や自分達が高齢になった時には二階にもトイレがあった方が便利だから設けたいと言い張るのです。二階にもトイレがあることで便利さが増すことは納得できるのですが、必要性が低いためトイレを設置する費用とお手入れ手間が二倍になるのも気になっていました。宿泊者は年に一度や二度のことですし、私たちが高齢になるには数十年先です。

話は並行線のままでしたが、業者からの提案で、二階にもトイレのスペースを確保し、排水管工事までしておき、必要性の低い間は二階の収納スペースとして利用させ、トイレの必要性が高まった時にトイレを設置するのはどうかというアドバイスをもらいました。この的確なアドバイスがあり、今は収納スペースとして利用しています。必要性を感じたらすぐに設置できるので安心ですし、無駄なコストとお掃除の手間もかかりません。「今」にピッタリの家造りが大切ですね。

This entry was posted in 住宅 and tagged . Bookmark the permalink. Both comments and trackbacks are currently closed.