二階ホール

階段を上がった先の二階ホールは、今までただの通路としてしか考えられていませんでした。しかし、最近ではこの二階ホールを有効的に活用させた家造りをしている家庭が増えています。我が家はこの二階ホールを中心に二階の間取りを決めたほどです。

我が家の二階ホールは、6帖の広さがありこのホールから各部屋へ行き来できるようになっています。そのため二階には廊下がなく、各空間を広々とより有効的に利用しやすくなっています。昼間はキッズスペースとして子どもが利用するスペースとして利用し、夜は主人が書斎スペースとして利用したり、寝る前の時間を家族みんなで過ごしています。多目的に利用できるように横幅のあるカウンターを造り付けました。

子ども達がスタディーコーナーとして利用させることもできますし、遊ぶ時にはここにおもちゃを並べたり、お絵かきすることもできます。書斎スペースとしてパソコンを利用するにも広々とした作業スペースがあると便利なのです。そして壁には天井いっぱいに広がる壁面収納を設けました。ここには子ども達の絵本やおもちゃ、主人の趣味の漫画本、アルバムなどを整理することができています。この壁面収納を設けたことで、おもちゃや絵本を出したらしまうという習慣が身に付いてきました。おもちゃをどこにしまい、どこにあるかが一目で把握でき、出し入れがしやすいことでこの習慣が身に付いたのだと思います。

主人が漫画をここで読んだり、家族みんなでアルバムを開いて思い出話に盛り上がることもあります。子どもが思い切り遊べるスペースを得ることができましたし、一階とは違った家族の時間を過ごせることができ、二階で過ごす時間がより充実したものになっています。

This entry was posted in 住宅 and tagged . Bookmark the permalink. Both comments and trackbacks are currently closed.