LDK

住まいの中心となるLDKは、以前のように建具で区切って空間を細分化して利用するのではなく、できるだけ視線を遮る壁や建具は設けず、オープンな一体感のあるLDKが設けられることが増えています。視線が奥にまで繋がることでより広さを感じられますし、明るさを通しやすくなるため開放感も得られます。

広さや開放感が得られると同時に、家族がどこに居ても顔を合わせてコミュケーションが取りやすくなり、自然とLDKに集まってきやすいスタイルとも言えます。このような魅力が得られる一方で、全く壁や間仕切りがなくなってしまうと空間が間延びして、居心地の良さも低減してしまいます。

子どもが成長するとお友達が家に遊びに来る機会も増えます。このような来客時に家族もお客様も互いに気を遣わずに済むように、いざという時には空間を緩やかに区切れるようにしたり、冷暖房効率を考えると空間を仕切れるようにしておきたいものです。このようにすることで空間のメリハリも生まれ、各スペースの居心地の良さも高まります。

ポイントは、空間の繋がりを保ちながらも、気になる視線を遮れるようにしたり、間仕切りの役目を果たすようにすることです。インテリア建材を取り入れる家庭も増えています。例えば、最近ではリビングイン階段が多いです。子どものお友達が二階へ上がる際にも必ずリビングを通るようになります。生活感で溢れたリビングを見られるのは抵抗を感じるものです。そこで階段への動線とリビングとの境に格子状の建具を設けておきます。普段は建具で仕切らず、来客時には格子状の建具で仕切っておけば、明るさをしっかりと通すので閉鎖的な印象を与えることなく、気になる視線はカットできます。このように空間の一体感とメリハリを大事にしたいものです。

This entry was posted in 住宅 and tagged . Bookmark the permalink. Both comments and trackbacks are currently closed.