動線に沿った収納

収納への満足度を高めるには、適材適所に必要な物をきちんと収納できることが大事です。収納している物を把握しやすく、また収納している物を出し入れしやすいように管理することで収納への満足度を高めることができます。普段使いする物はこのような点に気をつけ収納スペースを設けておくと同時に、「動線」にも注目してみるといいと思います。

例えば、帰宅して洗面室への動線上にウォークスルークローゼットを設けておきます。リビングに外出先で着ていた上着や持ち歩いたカバンがいつまでも散らかっていることがあります。しかし、このウォークスルークローゼットを設けておけば帰宅してまずここに上着やカバンをしまい、その先の洗面室で身軽な状態で手洗いが行えます。ゆっくりリビングで休むことができ、服や物が散らかることもないのです。

家事の効率を高めるには、キッチンと洗面室への動線上にウォークスルー収納を設けます。通路の片側はキッチンパントリーとして、食材や調理器具を収納しておきます。そしてもう片側は洗面クローゼットとして利用します。タオル類をはじめ、家族の下着やパジャマをここに収納しておけば家事を行う際に必要な物を取り出し、サッと利用することができ住宅内の無駄な動きを省け、家事の効率を高められます。

普段使いしない物や季節もののアイテムはデッドスペースを利用して大型の収納庫を設けておくと、居住スペースを狭めることなく物をきちんと整理できます。趣味道具や思い出の品、ワンシーズンしか使用しない物の収納スペースの計画も忘れないようにしましょう。

This entry was posted in 住宅 and tagged . Bookmark the permalink. Both comments and trackbacks are currently closed.