Tag Archives: キッチン

スタイリッシュなキッチン

我が家は新築住宅を建てることになり、私は一番キッチンを重視しています。
その中で友人宅と大きく違うところはキッチンで欠かすことのできない炊飯器や電子レンジといった家電製品までも使わない時は全て隠して収納できるようにすることです。
モデルハウスや完成住宅を見てきれいでオシャレなキッチンだなと思っても、炊飯器や電子レンジ、ポットなど生活感の出やすいアイテムを置けばそのオシャレさは半減していまいます。
いつまでもオシャレで生活感の出ないスタイリッシュなキッチンにするにはこれらのアイテムを全てビルトインさせるのがいいと思うのです。
天井まで広がる収納力に優れたカップボードの中には食器はもちろん、それらの家電も収納してしまいます。
そして私はパントリーも含めたカップボードにしようと思っています。
一か所に食器や日々使用する家電、食品の在庫を管理できれば家事の効率も高まります。
また使用頻度の低いホットプレートやカセットコンロなど季節的なものまでしっかり収納できるカップボードにしたいと思います。
キッチンの明るさを維持するためにカップボードの扉はすりガラスにする予定です。
キッチンでもう一つ頭を悩ませるのがゴミ箱です。
キッチンで出るゴミは分別しなければならずゴミ箱の数も多いです。
これらもカップボード内にビルトインさせることでキッチンの床に物が散らかることもなくなり、ゴミ箱の出っ張りなどもなくなりスッキリとしたキッチンになります。
スタイリッシュで誰にでも見せたくなるキッチンにしたいです。

Posted in 住宅 | Tagged | Comments closed

人が集まるキッチン

キッチンは家事を行う女性だけの場所にしてしまうのではなく、家族や遊びに来た友人達も集まってくるキッチンにしたいと思っています。
最近人気のスタイルとして吊り戸棚や壁のない対面式のオープンなキッチンです。
吊り戸棚や壁がないことでダイニングやリビングとの一体感がより高まります。
空間が広く感じられるだけでなく、みんなでキッチンを囲みやすいスタイルでもあります。
フラットなカウンターのオープンキッチンは今一番人気のキッチンと言えるでしょう。
しかしこのスタイルでメリットを挙げるならば、手元が全てダイニングやリビングから見えることです。調理中や調理後はキッチンは物で溢れごちゃごちゃしているということも多いです。そんなキッチンはあまり見せたくないものです。
私はリビングやダイニングとの一体感はそのままにしかし手元はしっかり隠せるスタイルにしたいと思っています。ダイニングやリビング側からの視線をカットしてキッチンを緩やかに区切るのです。
キッチンより少し高さのある造作カウンターを設けることでLDKの一体感はそのままにしかし調理で汚れたキッチンを見られることはなくなります。このようなスタイルにしておくと急な来客者がきてもすぐに対応できます。
私はこの造作カウンターに軽食をとったり、パソコンができるカウンターを設けようと思っています。このようなカウンターがあれば自然と人が集まるキッチンになりそうです。
キッチンで家事をしながらコミュニケーションが取れるキッチンスタイルで家事を楽しみたいです。

Posted in 住宅 | Tagged | Comments closed

IHのある暮らし、どうですか?

オール電化の住宅にしようか、しないか悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。実はIHを設置するのは、当初高齢の方のお住まいが多かったと言われています。その理由としてやはりガスの立ち消えや消し忘れなどの防止、一人住まいの世帯での安全面を考えてご家族がリフォームなどで採用するというものが目立ちました。
震災後、電気について考える方が増え、自家発電などの売電システムを取り付けるほか、IHをはじめとしたオール電化住宅に切り替えたり新築したりする方が増えてきたことで、ここ数年ではかなり市民権を得てきたように思います。
IHの良い点は、一戸建てであればガスの配管が不要で電気だけ通せばよいので地方の山間部や郊外の住宅地などで都市ガスが整備されていない地域などでも安全に活用が出来るという点、電気に一本化する事で、管理が安易になった事があげられます。
よくIHにすると揚げ物ができない?と言われる方が多いのですが、これはもはや都市伝説です。今売っているIHクッキングヒーターのほとんどに揚げ物機能があり、細かい温度調節が可能です。※ただし、中華鍋など底の丸い鍋や土鍋などIH対応ではない調理器具を使用する事ができませんので、あらかじめ注意が必要です。
他にも高温での急騰が可能であるうえ、トップがフラットなので掃除が楽なのはやはり便利です。油汚れがほとんど付かないのはIHクッキングヒーターならではですよね。
逆にデメリットがあるとするならば電気を使うという点です。実はIHの導入に踏み切れないという方の多くが「電気代」を挙げています。電力供給が安定しない時期が続いていましたし相次ぐ電力の値上げでやはり躊躇される方もいらっしゃいます。ガス+電気代の総額と、オール電化にした場合の電気のみでまかなえる金額を試算して比較するなどして検討してみましょう。

Posted in 住宅 | Tagged | Comments closed