Tag Archives: リフォーム

防犯性の高い窓

  空き巣被害に遭った住宅の大半は、窓から侵入されているようです。
 住宅の外構でいちばん強度が弱いのがガラス窓ということが言えます。玄関ドアの施錠に比べて、窓においてはクレセント錠だけという手薄さが侵入経路に選ばれてしまう原因でもあります。
 交通量や人通りの少ない閑静な住宅街ほど空き巣に狙われやすくなります。金品が見込める家、植樹が多く死角のある家などを選んで短時間で犯行におよび気づかれないことが大事だからです。
 このような空き巣被害に遭わないためにも普段から防犯に気を使うことが大切になってきます。さっき言ったように窓からの侵入が多いことを考えて、自分の家の窓をいま一度よく観察し、チェックしてみましょう。
 大がかりなリフォームをする機会がない限り、サッシを取り換えることもしないのが現状ではないでしょうか。最近はさまざまなサッシが販売されています。省エネに特化したものから防犯を意識したものまで、その種類は多種多様になります。
 ここでは防犯性に特化したサッシについてあげてみたいと思います。
 ガラスを破りクレセント錠を外す手口から守るには、防犯合わせガラスがお勧めです。これは2枚のガラスの間に透明フィルムを挟み一体化させたものになります。間にフィルムがあることで叩き割りや焼き切りされにくくなります。侵入に時間が要するとわかると意外に簡単に諦めるものです。それゆえこの防犯合わせガラスは有効になります。
 また誤解されてることが多いのが、網入りガラスです。こちらは見た目には防犯性が高いように思われがちですが、実は使用されている金網は比較的容易に切ることができ防犯性は乏しいのです。

Posted in 防犯 | Also tagged , | Comments closed