Tag Archives: 和室

収納スペースのある和の空間

先日新築住宅を建てた友人宅へ遊びに行きました。全てが新しくて明るく開放的な空間が広がり大変居心地の良さを感じました。その中でも私が気になったのが一段高い和の空間のスペースです。住宅が洋風化するにつれ畳のある和の空間は減ってきました。私も北欧スタイルの住宅など輸入住宅に大変興味があり、昔からの日本の住宅の良さを忘れがちになっていましたが、その友人宅の和の空間を見て、そして少しの時間ですがそこで過ごして改めて畳のある和の空間の良さを再認識しました。
畳の与える色味や香り、畳にあう照明や照明の明るさなど総合的に見てリラックス度や居心地の良さの高さを感じました。フローリングでは横になりたいと思ってもなかなかなりにくく、昼寝もしにくいものです。しかしリビング横にこの和の空間があることで眠くなったらすぐ横になれるというのも快適性を高めてくれます。一段高いというところにもポイントがあるのです。一段高いことですぐに腰をかけれてまた立ちあがりやすいのです。足腰の弱った高齢者にも嬉しい空間となると思います。
そしてその高さの部分は収納スペースとして活用できるようになっていたので大変驚きました。引き出しタイプの収納とハッチボックスタイプの収納を設けており、出し入れしやすく大容量だけにリビングスペースをすっきりさせるができます。みんなが寛ぐリビングの床に物が溢れているのは快適性を損ないます。この収納スペースを有意義に活用することでその悩みも払拭できそうです。落ち着くこともでき、収納力のある和の空間は大変魅力的でした。

Posted in 住宅 | Tagged | Comments closed

和室

間取りを決める際に意外と頭を悩ます和室の位置。和室を一室も設けないという住宅も増えている中、私は和室の空間をいつまでも大切にしたいなと考えています。しかし和室をどのように活用させるかで、和室の配置は変わってきます。以前は玄関近くに完全独立型の和室を設ける間取りが多かったです。しかし最近ではリビング内やリビングと隣り合わせで和室を設ける間取りが人気となっています。和室をどのように使用するかで間取りが大きく変わってくるのです。
リビング内やリビングと隣り合わせの和室が人気を高めている理由は、リビングの延長として和室を活用できるからです。このような間取りにすると普段はリビングとの境に設けられた扉を開けっ放しにしておけば、リビングに開放感や広さをプラスすることもできます。子どもが遊ぶスペースとして、昼寝をするスペースとして、洗濯物をたたんだりアイロンがけをしたりと家事を行うスペースとしてなど多目的に使用できるのです。いざという時には扉で区切れば個室にもなるので、宿泊ルームとしたり、旦那さんが持ち帰りの仕事を集中して行えるスペースとして利用することもできるのです。
和室は日本人であるならばその魅力を子ども達や孫の代まで伝えていきたいものの一つでもあります。和の空間はホッと安らげ、体をノビノビと伸ばせいつの世代もくつろぐことのできる最高の場所です。和室の配置をしっかり考えライフスタイルにピッタリな和室を確立させたいものです。

Posted in 住宅 | Tagged | Comments closed