Tag Archives: 表札

表札

どこの家にも、あたりまえにあるのが表札だ。アパートでも一戸建てでも、玄関口や門扉のところに設置されているだろう。
ところが、この表札になにやら怪しげなマークが書き込まれていることがあるという。
マークはペンやシールでつけられたり、書き込まれたりしていて、なかなか気をつけてみないところであるので、住人は気づきにくい。ところがこの怪しげなマークがなんと泥棒や悪徳商法が住宅を狙う際のしるしなのだという。表札でなければ、住宅の玄関口に貼ってある飼い犬やテレビのステッカーなどに細工がされていることがあるそうだ。
業者や不審者によって書き込むものはまちまちだが、確実にいえることは「その住宅や住人の情報」であるという。
具体的にはこの家にはどんな人(男か女か、学生か社会人かとか)が住んでいるかとか、何時ごろだと家にいるかとか、また訪問販売の人間がつけるものだと、この家で契約が取れたか否か、気難しい人間がいる……などだ。住人が知らない間に、妙な業種の人間や悪人に向けて、家の情報がばらされていることになる。
住宅周辺や内部の防犯対策に加え、こうした表札などもまめに見て、妙なものを残されていないかチェックすることが大切だ。
とはいえ、セールスマンや泥棒はしつこい。彼らが付け入る「隙」を知らせる情報を与えてやる必要はないので、不審だと思うものを見つけたら。すぐさま落とすのが吉だといえる。
泥棒は人の目に触れることや、近隣の記憶に残ることを嫌がる。チェックの目が行き届いていれば、やましい方たちに対しての抑止力になる。住宅全体を見回して、防犯対策を行いたいものだ。

Posted in 防犯 | Also tagged , | Comments closed