Category Archives: 未分類

自然環境と湿度対策

住まいを新築する時、耐久性を考えて、構造や構造材について、色々調べ、検討していきます。しかし、普通は、なかなか、専門的な知識がないので、情報を得れば得るほど、迷ってしまいます。住まい言うことになると、「まあ、1回試そうか」ということはできず、迷いに迷って、それでも、1つに決めなければなりません。内装ならば、数年後に変えていくことも可能ですが、構造に関わることであったら、住まい自体を建て替えないと解決しません。
私の友人が住まいを新築する時、床下の換気のことを考えて、基礎パッキンを施工することにしました。基礎パッキンを採用する時、換気口を設けたよりも、床下がまんべんなく換気でき、湿気が淀まないと言われました。換気口周りにひび割れが生じやすいため、基礎自体の強度や耐久性が増すとも言われました。それに、耐震性についても増すとも言われました。しかし、台風やゲリラ豪雨の時、基礎パッキンより雨水が侵入して、いったん床下に侵入してくると、一挙に湿度が高くなってしまいます。それに、換気口より大きく開いてない分、案外、風通しが悪いため、いつまでも、その雨水が乾きませんから、湿度の高い状況が比較的長く続きます。
最近は、地球温暖化のため、台風も日本列島に多く近づき、激しい暴風雨にも襲われます。ゲリラ豪雨にも見舞われます。そのため、床下は、基礎パッキンからの雨水侵入で、かなり湿度の高い状態に曝されてしまいます。湿度が高い状態だと、どうしても、木材腐朽菌やシロアリの影響があります。これらは、住まいの構造に深刻な影響を与え、耐久性を著しく低下させてしまいます。もちろん、基礎パッキンを全て否定するものではありませんが、我が町のように、横殴りの激しい雨が比較的頻繁に降る地域においては、基礎パッキンの採用には慎重にしなければいけないと思いました。

Posted in 未分類 | Tagged | Comments closed

有事の対応や啓蒙

未だに毎日のように被災地の状況や福島原発の模様が伝えられています。
被災地の復興や支援の心温まる話が多いのですが、中には呆れてしまうニュースもあります。
被災地の銀行の金庫やATMからお金を盗んだり、損壊した住宅に侵入して家財を盗んだり、チェーンメールを流したりと様々あります。
実際に犯行に及んでいるのは被災地域の方ではなくて外部地域からの火事場泥棒的犯行かもしれません。本当にあきれるとしか言えません。
政治家も政治家です。有事の時こそ政権・派閥争いを失くして対応するべきだと思うのに挙げ足を取ったりと政局をまだ機にしていたりと。
正直あきれますね。
有事の際は国会議員の議員報酬は被災地復興のために全額寄付でもいいんではないだろうかとも思います。
また国会議員は現地で支援作業を実施する。
これぐらいの心意気を見せてほしいものです。
また原発事故に対する民主党の対応のまずさを指摘する前に、原子力発電所の建設を推進してきた自民党が国民・世界に謝罪するのが筋ではないかとも思います。
被災地と国の復興を望むならば国その物の動きと国民に対する啓蒙や教育がもっとあっていいのではないかと思います。
国や国会議員が何もしない中、震災直後から現地入りした京都や滋賀のリフォーム会社の方達もいます。
民間の力の方が頼りになるのかもしれません。
また先日見たニュースでは福島から避難した子供たちが被災先で心ない言葉を浴びせられたとの報道もありました。
正しい知識を広めることと安全な生活の確保が国の行うべき対応だと思います。
日本は有事の際に争いや暴動が起きない良い国だと海外から評価されていますが、本当に称賛されるような現状でありたいと震災を機に思うのでした。

Posted in 未分類 | Tagged | Comments closed

震災時の注意事項

今回も東日本大震災に関連してのお話をしようと思いますが、
まずは被災された方が一日も早く平穏な暮らしを取り戻せることを願い、亡くなられた方の安らかな眠りをお祈りしたいと思います。
震災発生から2週間が経ち、日に日に被災地や原発事故などの情報が詳しく入ってくるようになりました。
しかし地震発生時には様々な憶測が飛びかう状態でした。
その中で見一番腹立たしいのはチェーンメールでした。
心ない者の遊びか何か知らないけれど自衛隊や警察の家族と偽って「被災地のどこに荷物を送ってほしい」「義援金の振込先はコチラ」など本気で心配する方達の心を弄ぶような行いは許せない行為です。
またヨウ素入りのうがい薬の引用を進めるメールや放射能汚染などの被災者の不安をあおるようなチェーンメールも多数見受けられました。
冷静に考えれば現在の状況や流通、交通がマヒしている中であり得ないことであっても、なんとかしなければと思ってしまう状況なので引っかかってしまう方もいるわけです。
メールの文中に「○人に転送して下さい」「多くの人にメールを転送して下さい」というような文章には注意して下さい。
本当にこうような行為はやめていただきたと言うことと冷静に考えて容易に信じないでと言うことをお伝えしたいと思います。
また現在でも終息に向けての原発事故に関しても政府や県、東京電力の対応も不鮮明な部分があるにしろ、様々な憶測や風評被害がこれからも飛び交うことだと思います。
現地の人はもとより国を揺るがす大きな問題だけにしっかりとした情報の発信を政府にしていただきたい所です。

Posted in 未分類 | Tagged | Comments closed

住宅の地震対策について

先日の東北太平洋沖地震を受けて今回は防犯から離れて地震対策についてお話をしたいと思います。
東北地方から関東地方にかけて被災された方の安全を祈り、また亡くなられた方に対しては哀悼の意を表したいと思います。
地震の際にけがをされたりする方が多いようですが、本人が転倒してのけがが多いようです。
地震や火災が起きた際に慌てて行動したために転んで脚をくじいたり、何かにぶつかったりして打撲したりすることが多いようですが、
慌てて行動する理由の一つに考えられるのは家具が倒れたり、物が落下したりする危険な場所にいたということが考えられます。
この事を考えると地震の際に本人の転倒が原因となるケガを防ぐためには家具が転倒や落下しても安全な室内空間が必要だといえます。
家具の転倒に関しては今回のような最大規模の地震には効力がないとしても、小さな地震などに対しては固定金具などを使っていれば対応できるようです。
また大きな家具には地震の後にも不用意に近づかないということも頭に入れておきましょう。
大分の工務店で新築を建てた知人は地震対策に関して家づくりの段階でも、後に自分でできることに関しても取り組んでいるようです。
またよく聞くのはガラスのよるけがです。
ガラスが割れたことによるケガは地震時に慌てて動いたため飛散したガラスを踏んでしまったり、
地震の後に片付けをしている時に手足を切ってしまうということが挙げられます。
ガラスは地震などで割れた際に考えている以上に広範囲に飛散するので、
こうした災害時の飛散を防ぐためにガラス飛散防止フィルムなどの策を講じる必要があります。
震災等があった後にはホームセンターなどでは地震対策グッズなどの特集などが組まれることもあるのでその際には足を向けてみましょう。
住宅用建材を販売している知人もガラスが飛び散らない工夫をすることは重要だといっていました。

Posted in 未分類 | Tagged | Comments closed