Category Archives: 防犯

防犯対策の為のアイデア

新築を建てた方に最も防犯対策として選ばれているのが「防犯ガラス」です。最近の防犯ガラスは非常に高性能で、バールのようなものでたたいても砕け散ることがありません。(※とはいえ、ガラス自体にはヒビが入ります。)通常、たたき壊すまでに15分以上かかってしまうということもあり、防犯ガラスのある住宅である場合、泥棒も侵入を諦めるケースが多いのだそうです。
同じように窓からの侵入を防ぐ目的でシャッターや面格子を取り入れるのは一般的です。シャッターは通りに面した住宅の一階部分に取り付けることで、プライバシーの保護や防犯にも役立ちます。面格子は水回りに取り付けることが多いですが、面格子をつけただけで外からの侵入が出来ない、と考えないように心掛けましょう。湿気がこもるという理由でお風呂場の窓を開け、面格子だけにしているお宅の空き巣被害報告が非常に多く、実際に泥棒はドライバーなどを持ち歩いて面格子ごと外して侵入するといいます。
次いで、人気があるのが防犯カメラ。カーポートなどにいたずら防止の為に設置する方も多いのですが、気をつけなければいけないのが防犯カメラは単に録画するだけのものでは意味が無いという事です。当たり前のことながら、防犯カメラは場合によっては犯罪を記録するためだけのもになってしまうからです。防犯カメラを設置することで、「この家は防犯意識が高い」という印象を持たせることはできますが、実際問題契約している警備会社などが無い限り取り付けたから安全という事はありません。
防犯対策をする際には、出来るだけ住まい全体の中でどのように機能するのかを考えてみましょう。住宅の中に死角を作らない事も大切な一つ。
住工夫次第で防犯意識の強い、安心な住まいづくりが出来ますよ。

Posted in 防犯 | Tagged | Comments closed

泥棒が嫌がる「防犯に強い」

泥棒が嫌がる「防犯に強い」家とは、一体どのようなものだろうか。住宅全体、庭なども含めた敷地を見渡すと、普段なら考えもしないところに落とし穴があるようだ。
玄関とは別に勝手口を設けている家もあるが、勝手口や庭全体はなるべく明るく、見やすくしたほうがいい。家の周囲や車庫にセンサーライトを設置したりすると、夜間の安全度も増すし、いたずら防止にもなる。泥棒は人目につくことを嫌うからだ。
住宅を柵で囲っていても、その周辺に雑草が生えているようではだめだ。泥棒に格好の隠れ場を提供することになるし、柵から草がはみ出ているようでは、周囲の景観も悪くなるので、まめに除草することが必要だ。
また庭に物置やプレハブを置く予定がある場合は、家の壁から離して設置するのも大事だ。それら物置が足がかりになって、二階から侵入される危険がある。
窓を二重ロックや防犯ガラスに交換対策するのは言うまでもないが、予算が許せば窓ガラスへの衝撃を感知して作動するセンサーなどがあるといい。窓ガラス自体を面格子などでガードするのも有効だが、簡単に金具をはずされるようなものは、やっていないのと同じだ。
すべてのドアに鍵をふたつ、さらにサムターン対策などをしておくと、侵入までの足止め時間が長くなる。侵入に5分以上かかれば、泥棒自身が危うくなる。
郵便物の放置も厳禁だ。ポストの郵便物もきっちり回収し、できればポストに鍵がかかると望ましい。泥棒はポストに届いた郵便物から家の情報を探る。新聞などがたまっていれば、その家には誰もいないことを示すし、郵便物の宛名で家族構成までわかってしまう。
防犯や防災の対策は「過剰」といわれるくらいがちょうどいい。対策をするだけしておいて、何もなければそれに越したことはないのだから。

Posted in 防犯 | Tagged , | Comments closed

防犯砂利

昼間の住宅街は非常に静かだ。こうして書き物をしているときでも、隣近所の家の物音がよくわかる。深夜になると昼よりもさらに静かになるし、大抵の人が寝静まっている真夜中などは特にそうだ。侵入する技術に長けた泥棒は、こういった静かな時間を狙ってやってくる。寝ていれば、音がしない限り、誰も気付かないからだ。逆に静寂を切り裂くような音がすれば、就寝中とはいえ目が覚めてしまう。
住宅の防犯手段として、「音」を出す砂利というものがある。砂利は歩けば普通に何かしらの音がするものだが、裸足だったり、足音を忍ばせて歩けばそれなりに音を出さずにすむ。しかし、防犯用に改良した砂利は、どんなに静かに歩いても大きな音が出るので、不審者が家の周囲を徘徊している合図になる。
音が出る砂利は、防犯砂利として、いろいろな種類、形が出回っていて、色も様々にあるので、防犯とガーデニング両方の観点から利用している人がいるようだ。
この砂利は軽石のような材質で、石と石がこすれあうことで音を出す。人間には体重があるので、どんなに静かに歩いても、石に重みがかかれば大きな音を出すという仕組みだ。
軽くて取扱も容易だが、雑草による消音があるため、除草するか、防草シートを敷きこんだ上に砂利を厚めに敷き詰めるのが防犯には効果的のようだ。気になる砂利の音は、76デシベルとの計測結果がある。一般人にはぴんと来ないが、掃除機やピアノの音が大体これくらいに相当するので、かなり大きめの音といえるだろう。
ヨーロッパでは防犯と景観をかねて、砕いたレンガを敷きこんでいたりするようだ。
おしゃれな庭で、家に泥棒を近寄らせないようにする手段だ。ガーデニングに興味のある奥様や庭造りが趣味のご主人など、趣味と実益を兼ねた防犯対策を施してみては。

Posted in 防犯 | Tagged , | Comments closed

ホームセキュリティー

最近では家と家族をまるっと守る「ホームセキュリティー」を導入する人が増えてきた。
玄関先に警備会社のステッカーが貼ってあるだけで、なんとなくその家にがっちりガード感があるような気がするし、下手に近づいたら、何もしてなくてもその辺から人が出てきて、尋問されそうな気さえする。
ホームセキュリティーは、たくさんのセンサーを家の内外に取り付け、それらが異常を感知すると、すぐさま警備会社へその旨が通報され、警備員が飛んでくるという仕組みだ。
最近の泥棒は、人が居ても住宅侵入を試みる傾向にある。一般の戸建て住宅で、寝室が一階にない場合などは特に狙われやすい。階下の音が聞こえにくいため、泥棒は闇にまぎれて侵入し、「仕事」をするのだという。
このホームセキュリティーだと、在宅時の異常もしっかりと見張ってくれる。また不審者を見つけると、ライトや警告音などを発したり、敷地内のカメラが不審者の姿を録画したりするようだ。仮に家が狙われて物色されたとしても、不審者の姿はしっかり記録されているので、その後の足取りを掴むのも容易だ。
また室内にもWEBカメラが設置されていれば、ネット回線を通して携帯電話に様子が転送され、空き巣だけでなく、家族の突然の急病などにも役立つ。
月額料金は、警備会社や自宅の広さなどにもよるようだが、六千円から七千円ほどが一般的な料金のようだ。
住宅の各所に対する防犯対策に加え、こうしたホームセキュリティーも組み合わせれば、その住宅は泥棒にとっては難易度の高い家に違いないだろう。
防犯対策としてのコストはかなり高めになるが、家と家族の安全もかなり高くなるはずだ。

Posted in 防犯 | Tagged , , , | Comments closed

表札

どこの家にも、あたりまえにあるのが表札だ。アパートでも一戸建てでも、玄関口や門扉のところに設置されているだろう。
ところが、この表札になにやら怪しげなマークが書き込まれていることがあるという。
マークはペンやシールでつけられたり、書き込まれたりしていて、なかなか気をつけてみないところであるので、住人は気づきにくい。ところがこの怪しげなマークがなんと泥棒や悪徳商法が住宅を狙う際のしるしなのだという。表札でなければ、住宅の玄関口に貼ってある飼い犬やテレビのステッカーなどに細工がされていることがあるそうだ。
業者や不審者によって書き込むものはまちまちだが、確実にいえることは「その住宅や住人の情報」であるという。
具体的にはこの家にはどんな人(男か女か、学生か社会人かとか)が住んでいるかとか、何時ごろだと家にいるかとか、また訪問販売の人間がつけるものだと、この家で契約が取れたか否か、気難しい人間がいる……などだ。住人が知らない間に、妙な業種の人間や悪人に向けて、家の情報がばらされていることになる。
住宅周辺や内部の防犯対策に加え、こうした表札などもまめに見て、妙なものを残されていないかチェックすることが大切だ。
とはいえ、セールスマンや泥棒はしつこい。彼らが付け入る「隙」を知らせる情報を与えてやる必要はないので、不審だと思うものを見つけたら。すぐさま落とすのが吉だといえる。
泥棒は人の目に触れることや、近隣の記憶に残ることを嫌がる。チェックの目が行き届いていれば、やましい方たちに対しての抑止力になる。住宅全体を見回して、防犯対策を行いたいものだ。

Posted in 防犯 | Tagged , , | Comments closed

お風呂場の窓

友人宅の風呂場には、ある問題があります。それは、お風呂の「窓」。
なんでも冬場は、洗い場で身体を洗っていると、冷たい風が流れているのが分かるのだそうです。
友人の両親が大分に住宅を建て、早15年。当時はちょっと人がうらやむ新興住宅地に建っていた新築ですが、家のいたるところに残るのは、高級感あるような雰囲気優先、実用後回しだったバブル期のなごりでしょうか、浴室はレバーをくるくる回してガラスをあける「ルーバー」というものがついています。
一度、私もその御宅でお風呂を借りたとき「寒い」と感じました。
確かに友人の言うとおり、「冷たい風が洗い場を吹き抜けている」のがわかります。そう、冷たいすきま風です。
これは普通のガラスサッシのようにぴったり閉まるのではなく、どんなにレバーをきつくまわしても、僅かな隙間が出来ます。
さらに外からでも容易にガラスをはずすことが出来るので、防犯上はこの上なく危険な窓です。
風はこのルーバーの隙間から吹き込んで、風呂場内を肌寒くしているのです。
今はまだ良いとしても、もうご高齢になった友人の両親がヒートショックを起こさないとも限りません。
そして夜間の場合、明るい浴室の人影が外から見えてしまいます。
最近では2重窓の隙間にブラインドが入ったサッシが販売されていて、これだとヒートショックも防げるし、ブラインドで外の視線も防げる、防犯効果もルーバーより格段にあがります。
友人には7歳の女の子がいますが、彼女が成長するにつれ、やはり、防犯面をより固めておくに越したことはありません。
実際、年頃の女の子が風呂場をのぞかれたなんてのは結構ある話です。
友人にそんな話をしたら、実はもう二重窓への取替えを依頼してあるのだとか。
「行動早いねー」と褒めたら、実は不審者が入り込んで、なんとだんなさんが入浴を覗かれてしまったのだそう。
いやはや、最近のチカンの好みは一体……?

Posted in 防犯 | Tagged , , , | Comments closed

防犯性の高い鍵

住宅には、必ず鍵というものが必要です。最近では防犯性の高い鍵が沢山あるようです。
うちのアパートについている鍵は、鍵をかけるところが2か所玄関ドアについているタイプです。泥棒がピッキングで鍵を開けようとする時に、2か所鍵穴があると時間がかかるので避けるのだとか。防犯性の高い玄関のようです。
鍵といえば、鍵山があるものがほとんどでした。最近の鍵は、鍵山がないディンブルキーというものが多くなってきています。札幌の賃貸に住む親せきは、このディンブルキーというものを使っていました。鍵の表面に数か所窪みがある鍵です。この鍵だとピッキングの被害も合いにくいようです。しかし、もし予備の鍵を作ることになると、通常の鍵だと1000円もかからないぐらいで作れますが、この鍵だと1万はかかるようです。簡単には作れない鍵ということになるのだと思います。
子供が生まれてからというもの、子供を抱っこして鍵を開け閉めするのが大変な事がわかりました。よくホテルなので、カードをかざせば鍵が開くカードロックのタイプがあります。住宅にそのような鍵をつけると開け閉めも楽になるのかもしれません。
鍵というものは、扉を開くものです。夢占いにおいて、鍵とは新しいものへの知識欲や好奇心を暗示しているようです。もし、将来の事に悩んでいる時期に鍵を拾う夢をみたのであれば、今度進んでいくべき道が見えてくる前兆なのだとか。また、鍵が男性、鍵穴が女性という意味合いもあることから、鍵の夢は恋愛に関わる夢の場合でもあります。

Posted in 防犯 | Tagged , , , , , , | Comments closed

ガラスの機能

住宅には、ガラスというものが欠かせません。ガラスを沢山取り入れると開放的な空間を演出できますが、その分、防犯性能があるガラスを選ぶ必要が出てきます。
泥棒が住宅に侵入する際に、ガラスを割って家に入りこむことが多いようです。防犯性能があるガラスは、割ろうとしてもなかなか割れずヒビが入るだけの為、泥棒も侵入することを断念するようです。もしもの時の事を考えて防犯性能が高いガラスを取り入れたいものです。
ガラスといえば、冬場は冷気が入り込みやすいものです。うちも冬場は段ボールを下につけるなどして冷気を防いでいますが、結露で段ボールが湿ってしまうばかりです。現在では、ガラスに厚みをつけることで断熱性が高いガラスもあるようです。アルミサッシなどを販売するホームセンターでも今は様々なガラスを取り扱っています。一度つけるなかなか変えることがないガラスです。家を建てる時には、ガラス選びも重視したいものです。
ガラスといえば、儚くとてももろいイメージがあります。夢占いにおいて、ガラスとは目に見えない心の障害を意味するようです。特に恋人や対人関係を意味することが多いのだとか。ガラスというものが夢に出てくる時は、心がナーバスになっている時が多いらしく、まずは精神力を高めるようにしなければなりません。曇りのない綺麗なガラスは、ピュアのイメージから純真な恋愛をすることができる前兆の夢のようです。曇りガラスは、まわりから干渉されたくないという証や何か隠し事をしている時に見る夢になります。

Posted in 防犯 | Tagged , | Comments closed

防犯性の高い窓

  空き巣被害に遭った住宅の大半は、窓から侵入されているようです。
 住宅の外構でいちばん強度が弱いのがガラス窓ということが言えます。玄関ドアの施錠に比べて、窓においてはクレセント錠だけという手薄さが侵入経路に選ばれてしまう原因でもあります。
 交通量や人通りの少ない閑静な住宅街ほど空き巣に狙われやすくなります。金品が見込める家、植樹が多く死角のある家などを選んで短時間で犯行におよび気づかれないことが大事だからです。
 このような空き巣被害に遭わないためにも普段から防犯に気を使うことが大切になってきます。さっき言ったように窓からの侵入が多いことを考えて、自分の家の窓をいま一度よく観察し、チェックしてみましょう。
 大がかりなリフォームをする機会がない限り、サッシを取り換えることもしないのが現状ではないでしょうか。最近はさまざまなサッシが販売されています。省エネに特化したものから防犯を意識したものまで、その種類は多種多様になります。
 ここでは防犯性に特化したサッシについてあげてみたいと思います。
 ガラスを破りクレセント錠を外す手口から守るには、防犯合わせガラスがお勧めです。これは2枚のガラスの間に透明フィルムを挟み一体化させたものになります。間にフィルムがあることで叩き割りや焼き切りされにくくなります。侵入に時間が要するとわかると意外に簡単に諦めるものです。それゆえこの防犯合わせガラスは有効になります。
 また誤解されてることが多いのが、網入りガラスです。こちらは見た目には防犯性が高いように思われがちですが、実は使用されている金網は比較的容易に切ることができ防犯性は乏しいのです。

Posted in 防犯 | Tagged , , | Comments closed

ガラスの防犯対策

家全体を見回したとき、建材の中で一番脆いのは、やはりガラスではないだろうか。
泥棒もそこは同じで、彼らは家に侵入するとき、まずガラスを狙う。空き巣の侵入手段をまとめた統計を見ても、七割の泥棒が窓から侵入している。
そんなガラスの防犯対策を見てみると、有効とされる手段は、防犯ガラスを用いた二重窓への交換だろうか。
防犯ガラスは防犯に有効な特殊素材をガラスでサンドイッチしているものだ。バットなどでガラス窓を強く叩いても、穴が開かず、破片も飛び散らない。防犯効果とともに、災害時に飛び散ったガラスでケガをするということも減る。
そして二重窓も、断熱性や結露を防いだりと、防犯効果だけではない嬉しい効果もある。
簡単な工事で既存のガラス窓に後付けが可能だ。インターネットを利用すれば、大まかな見積もりを出してくれるサイトもあるので、自分のつけたいタイプと価格を見ながら比較検討が出来る。
また手軽な手段としては、ガラスの内側に防犯フィルムを貼る方法も有効だ。たかがフィルムと侮るなかれ。これも打ち破り侵入などでは防犯ガラスに近い効果を得られる。
防犯性能試験において、打ち破りで8回、焼き破り、こじ破りで5分以上の耐久性を持っている商品もある。
またガラスを破られにくくする手段として、窓シャッターや面格子という手もある。ガラスを破る前に、これらの設備をどうにかしなければならないので、やはり足止め効果がある。
泥棒を5分足止めさせればほぼ諦めるとの話もあるので、この実験に耐えている商品であれば、多少なりとも防犯に有効といえるのではないだろうか。

Posted in 防犯 | Tagged , , | Comments closed