Monthly Archives: 2月 2010

泥棒のキモチ

泥棒の心理として、人の目に触れることや音などを立てずに犯行を知られたりすることを一番気にしているようです。
一度空き巣や泥棒で警察に捕まれば、数年は罪を償う為に刑務所の中に入れられてしまうわけですからより慎重になっていることだと思います。
また犯行時は緊張状態にあり、突発的な出来事があればパニック状態になってしまうようです。
よくニュースなどでも物取りに入った男が家人と出会ってしまい、暴行や殺人などの事件に発展してしまったと言う事件も聞くことがあると思います。
そういったことを考え、空き巣や泥棒にあの住まいは入りにくいと思わせることが肝心です。
空き巣や泥棒が犯行を人に知られてしまうことを嫌っている事を考えるとセンサーライトやセンサーチャイムなどを設置しておくと良いかと思います。
ホームセンターなどに行けば、安いもので言えば1000円で買えるセンサーライトもありますし、
音と光のどちらも機能としている多機能センサーライトなどは5000円ぐらいで手に入れることができるでしょう。
また夜間の対策で太陽光充電のガーデンライトや門柱などに取り付けられるライトなど家周りを明るくしておくことも良いかと思いますし、
センサーライト以外にもドアや窓を開けたり、揺らしたりすることでアラームが鳴る警報機のような商品もありますので、
そういったものも有効に使ってみてはどうでしょうか。
音と光で威嚇するということも一つの手だと思います。

Posted in 防犯 | Tagged | Comments closed