Monthly Archives: 11月 2010

冬は火災に注意

冬は暖房などで火を使うことが多く、また空気が乾燥するので火事が起こりやすく、火が広がりやすい季節です。
突然自分の家や近所で火事が起こったらどうしたらいいか判断できなくなってしまうでしょう。
火事や火災が起きないことが一番なのですが万が一のことを考えて、起こってしまった時のことを考え、自分がどのよう対処したらいいのか考えておきましょう。
また一番役立つのは予防だと思います。
火災報知機などの建材の設置が大切なことです。
冬の出火原因として最も多いのは放火です。
よく放火は自分で対策のしようがないと考える人が多いと思いますが実はそんなことはないのです。
放火からの火災発生の場合はほとんどのケースで建物の周囲の可燃物が狙われています。
つまり玄関前や庭、車庫などに燃えやすいものを置きっぱなしにしないことが大切です。
またゴミは決められた日の決められた時間に出すようにするのも分かっていてもなかなか守れないことの一つです。
放火が行われる時間帯は人が寝静まった夜間から明け方の時間帯が多いようです。
寝る前にゴミ出しをするのが一番危険ということなのです。
放火という悪意は防ぎようがなくても放火の標的にならないようにすることはできるはずです。
また万が一火災が起こってしまった時のことを考えて、逃げ遅れ内容にするために火災報知機を寝室に設置したり、火災が起きて焼失してしまっては困るものなどを保管するため耐火金庫を購入したり、消火器や消化スプレーを家の中の分かりやすい所においておきましょう。
大分の中古マンションに住んでいる友人の部屋の隣がボヤを起こしたそうで友人もゾクッとしたといってました。
火災には十分気をつけましょう。

Posted in 防犯 | Tagged | Comments closed